平井理央の話し方って聞きづらいし歌下手だけどクレーム来ないの?

この前、ぐるナイのゴチを見ていて思ったんですが

あれ、平井理央さんがガチで嫌われてる感じしますね。

どう考えても、特に同性から激しく嫌われてそうなのは明らかです。

平井理央

出典:http://newslounge.net/さん

でも、楽しみな展開になってきました!

上川隆也さんって面白いし、そこに平井理央さんが加わったことで

これまで確立されていた流れが変わりそうです。

Sponsored Link

江角マキコさんなんて、平井理央さんに、きっと本気でイライラしてそうだし

この2人って絶対合わないと思いました。

「ゴチで共演してるけど、プライベートでも仲がいいんです!」

なんてことは絶対ないでしょう。

まぁでも、今後がますます楽しみになったので、いい意味で期待しちゃいますね。

最近の女子アナはぶっ飛びすぎ!クレーム来ないか私が心配です

私は、特別女子アナウンサーが好きってわけではないのですが

昨今の、女子アナウンサーの”タレント化”を目の当たりにしていると

アナウンサーとしてではなく、バラエティなどに出演している様子には

どうしても注目してしまいます。

 

これは、アナウンサーに限った話ではありませんが

実際には、我々がテレビを通して見ているのとは全然違う世界が存在し

そこには、過酷な競争もあることでしょう。

 

アナウンサーになるための経歴を持ってる人もたくさんいるし

顔が綺麗な人もたくさんいるし

綺麗な声で滑舌がいい人もたくさんいるし

見ていて好感を持てる人もたくさんいるわけです。

 

そんな中で、他の大勢のアナウンサーと差別化を図るためには

タレントのような個性やカリスマか、あるいはそれを通り過ぎて

お笑い芸人のようなインパクトや面白さを提供しないと

なかなか難しい部分ってあると思うんですよ。

 

ましてや平井理央さんなんて、フリーのアナウンサーなわけです。

 

見てて、「何やってんのこのアナウンサー?」ていうより

「頑張ってるな、この人、応援したくなるかも」っていう感情の方が

強いと思います。

 

平井理央さんを超える、私の中である意味”最強”の女子アナウンサーとして

小林麻耶さんがいます。

→小林麻耶が痛いのは家柄のせい?世田谷の実家の両親の別居の噂は?

 

最近は、いいともの後番組の「バイキング」の金曜レギュラーに抜擢され

また「痛い」だの「ぶりっこ」だの「あざとい」だの言われそうですね。

彼女は平井理央さんの上を行く存在と言えるでしょう。

 

小林麻耶さんの場合も、平井理央さんの場合も、見ていてイラっとしないと言ったら

嘘になりますが、多少イラっとしながらも、「視聴者を楽しませるために、彼女たちができる精一杯」

をやっていると感じるし、そう考えると、応援したくもなるんですよ。

 

でも、これって「視聴者からクレーム来ないの?」って心配になるレベルだと思います。

というより、私は心配になりました。

今のところは大丈夫なようですが、やっぱり程度ものであるとも言えるでしょう。

 

抑え過ぎると面白くないし、やり過ぎるとクレームが来そうだしって感じですかね。

まぁ、実際来てるけど明るみになってないだけかもしれません。

だって、あんな様子を何百万人もが見ているわけですから、そのうちの何人かは

本気で頭にきて、局に電話してもいいと思うんですよ。

どっちにしても、問題にはなっていないってことですから、まぁ一安心という感じではあります。

 

そう言えば、視聴者からはクレームが来てなくても、共演者からは貰ってましたね。

これ聞いたことあったのに、すっかり忘れてました。

 

矢部浩之さんですよ。

 

今回の新メンバーに平井理央さんが加わるのが決定したのを受け

「どうせならうちの嫁(青木裕子さん)を使ってほしかった」

みたいな事を言ったそうですもんね。

Sponsored Link

いやいや、気持ちはわかるけど、そんなこと言って平井理央さんが本当に傷付いて

一緒に仕事がやりづらくなったらどうするつもりなんでしょうか・・・。

 

どういう流れで出てきた発言なのか、細かいところはわかりませんが

「平井理央さんをいじるための発言」ではなく「本心からついポロっと出た発言」だとしたら

これ結構痛々しいですよ。

 

矢部浩之さんって、良くも悪くも典型的な「親バカ」になりそうだし

「空気読める人がいい」とか言っておきながら、割と身内を持ち上げたりっていう

「空気読めない行動」も見受けられますよね。

 

よくよく考えると、私たちって”視聴者様”ですよね

それにしても、視聴者って本当に”偉い”なって思います。

もちろん、彼女たちのようにテレビに出てる人間にとっては

その給料の出所をたどっていくと、私たち視聴者に行き着くわけですから

私たちが彼女たちに対し、多少文句を言っても許される気はします。

 

ですが逆に、平井理央さんが何の個性もない、ただ淡々とニュースを読むだけのアナウンサーだったら

アナウンサー止まりというか、他の仕事の依頼ってまず来ないと思うんですよ。

 

例え、批判的な意見が多くても、色んな所で話題になってるってだけで

メディアに身をさらす仕事をしている人間としては”成功している”と言っていいと思います。

有名になって、たくさんの人に認識されれば、アンチが出てくるのは自然なので。

 

ここでは、平井理央さんがアナウンサーであるってことは、一旦置きましたが

アナウンサーと言えども、今は確実にこういったエンターテイナーとしての役割を

求められる時代だと思います。

 

とは言っても平井理央のぶりっこはやっぱりウザいです

と、真剣に平井理央さんを擁護してみましたが、まぁ私も見ていてイラっとはします。

でも、チャンネル変えるほどではないんですよね。

 

というより、イライラしながらもつい見てしまうので、テレビを通して平井理央さんに

楽しませてもらってるってことになっちゃいますね。

 

ムカつきはするけど、なんか気になっちゃうんですよ。

まぁそうなる原因は、平井理央さんの”天性のあざとさ”によるものかもしれませんが。

 

平井理央って女子アナなのに話し方が聞きづらい!

あざといのはわかりました。

ぶりっこも許すと私は言っています。

でも、これは許せないって人も多いと思います。

 

だって、本業アナウンサーですから。

滑舌よく話せてある意味当然みたいな感じですよ。

 

発声も「本当に練習したの?」って思ってしまうし、よく裏返ったみたいな声になりますよね。

 

「もしかしたら、フリーになった理由って滑舌悪すぎて局にいずらくなったからじゃないの?」

そんな風にも思えてしまいます。

 

でもこれは、アナウンサーとして仕事をすることを考えると、良くないと思います。

今日はこれまで必死に擁護してきましたが、この点については

厳しい意見を言わざるを得ないでしょう。

 

平井理央さんって、なんていうか”チヤホヤされてる女子大生”と

似通った印象も受けるんですよね。

「私は可愛いから、喋りとか発声とか滑舌とか頑張んなくてもいいでしょ?」

みたいな感じですね。

美人だから、ついつい「昔から甘やかされてきたんじゃないの?」

っていう目線で見てしまうんですよね。

 

実際の所は本人がどういう認識なのかはわかりませんが

アナウンサーとしてやっていくなら、これではダメだと思います。

ただ、タレントとしてはOKです。

だって視聴者が楽しけりゃいいんだから。

 

なので、平井理央さんはフリーのアナウンサーからいっそのこと

女性タレントに路線変更すべきだと思いますね。

私もエンターテイナーとしては、平井理央さんのことを認めてるし

すごいなぁとも思うので、「ぐるナイ」や「バイキング」をきっかけに

バラエティにどんどん進出していけばいいんですよ。

 

そして、どんなに叩かれても、ぶりっこであざといキャラクターを貫き通し

他の女子アナウンサーの追随を許さない存在になって欲しいです。

 

本人もこの路線で考えてるかもしれませんし、5年後くらいにまだテレビに出てれば

「かつては女子アナウンサーだった、美人ママタレ」って感じになってる可能性大ですね。

 

平井理央の歌が下手過ぎる・・・

そういえば滑舌だけじゃなくて、歌も下手なのを思い出しました。

前に「女子アナメドレー」で平井理央さんの歌を聞いたことがあるんですが

正直ヘタクソっていう記憶があります。

 

ぜひもう一度見てみたいと思い、Youtube動画がないかな?って

検索してみました。

私が見た動画はこちらです。(爆笑注意)

 

いやぁ、私も音痴ですが平井理央さんもなかなかのものですね。

でもこの動画だと、他の3人が酷過ぎて、平井理央さんが上手く見えるから不思議です。

「これふざけてるだろ!」って思いましたが、声出して笑ってしまいました。

 

今日は色々と批判的な意見も書いてしまいましたが

平井理央さんを応援したいって気持ちは強いです。

 

美人ではあると思いますが、31歳という年齢を考えると

若さでは、到底後輩にかなわなくなってくる年齢ですが

ぜひ負けずに己のキャラを貫き、バラエティを中心に

ときにウザく、ときにイライラさせるエンターテイナーとして

これからも視聴者を楽しませてほしいと期待してます。

Sponsored Link


べ・・・べつに、これも読んで欲しいだなんて思ってないんだからね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ