夏川結衣と結婚したい!昔の青い鳥の演技や首元を見て思った

私には、時々無性に見たくなる昔のドラマがいくつかあるんですが
最近また、「青い鳥」にどハマりしてしまいまして
3回連続で、11話通しで見てしまいました・・。

あのドラマにはまるのは、今回で3回目くらいだから
もう10回くらい通しで見てるんだろうなって思います。

Sponsored Link
  • 主演の豊川悦司さん
  • 今よりかなり若い佐野史郎さん
  • 子役時代の鈴木杏さん
  • なぜか今と全然変わらない永作博美さん

このあたりの演技とかを見るのももちろん楽しいんですが
私の中で「青い鳥って言ったらこの人」っていうキャストがいまして・・・
それは、夏川結衣さんです。

夏川結衣さんが出てくる、このドラマの前半は
特に好きなシーンが多いし、ちょっとこの美しさやばすぎるから
何週目でも、夏川結衣さんの登場シーンを見るたび、私はドキドキしてしまいます。

このドラマは、序盤の何話かのラストのシーンがアツいんですよね。
この恐ろしく美人な女性による、駅員さんへのアプローチの数々は
何度見てもドキッとするものがあります。

3話の最後の星空の下でのキスシーンの直前の
「こんな風に静かに人を好きになったの、初めてかもしれない」ってセリフや
2話の最後の、「この町から連れ出して」のシーンとかも、すっごく好きなのですが
実は私が一番見ててドキッとするのは
1話の最後で雨の中娘の詩織(鈴木杏さん)を迎えにきた時に
傘を飛ばされて、顔が初めて見えるシーンです。

ここは、初めて見た時、夏川結衣さんのあまりの美しさに
見てて、文字通り呼吸が止まりました。

夏川結衣 青い鳥

出典:http://ameblo.jp/さん

これですね。

  • 若くて恐ろしく綺麗な母親
  • どこか不思議な女性
  • 若いのに苦労してて、色んな人生経験がある女性
  • 玉の輿で豪邸に住んでても、満たされてない女性
  • 息苦しそうで、生きてるのに死んでるような状態の女性

みたいのが上手く伝わってくるし、この「不思議な美人」的な表情の演技って
ほんと絶妙だなって、このシーンを100回以上見た私は思います。

このシーンで、理森(豊川悦司さん)が
なほこ(夏川結衣さん)の顔を始めて見るわけです。

で、そのあまりの美しさに一目惚れするっていう設定なのですが
これほど視聴者と登場人物の感情がリンクする場面をそうそうないと思います。
今風に言うと、「惚れてまうやろ~!!!」ってやつですね(笑)

「青い鳥」の夏川結衣さんを見るたび
ドキドキしてしまうくらいの美しさを感じるのですが
実際私もこのシーンが一番ドキドキするような気がします。

この時20代後半なんですよね、夏川結衣さん。
今も綺麗だけど、やっぱ当時とは比べ物にならないと思うし
この頃はほんと恐ろしく綺麗だなって思います。

そして、今も昔も「綺麗だけど不幸な女」みたいな役が
びっくりするくらいハマるから、「青い鳥」に限らず
彼女の演技には、ついつい見入ってしまうんですよね。

 

あんなの見てたら、「結婚したい!」しか思わないわ・・・

そんな、「不幸な境遇の美女」、自分では意図してないけど、どこか「魔性の女」
的な魅力にあふれた夏川結衣さんを見て
私もどこか胸が苦しくなるような思いをしてるわけですが
あのドラマで、夏川結衣さんにベタ惚れし、翻弄される
佐野史郎さんや豊川悦司さんの気持ち
私はすごくわかるんですよね。

「理森、人が良すぎ!翻弄され過ぎだから」とか
「広務、しつこすぎ!怖いから」とか
そういう感想を持たないわけじゃないけど
きっと私が理森だったら、同じように彼女と娘の3人で逃避行しただろうし
きっと私が広務だったら、同じようにどこまでもかほりのことを追いかけたと思います。

特に、佐野史郎さんも相まってか
あのドラマの広務は、何度見てもインパクトあるよなって思ってます。

あれだけの手切れ金を払い、娘の父親にまでなってあげて
おまけにあれだけ優しくしてあげてるのに
夏川結衣さんの心を振り向かせることができないっていう
佐野史郎さんを見てると、ちょっと可哀そう過ぎる気もするし
広務、ちょっとなほこに執着し過ぎだろ・・・って気もするけど
それがこのドラマのいい所だし、そうなる気持ちもわかる気が、すっごくします。

追っても追っても相手が振り向いてくれなくて、気付けばもっと夢中になってるみたいな。

豊川悦司さんも、あのドラマで夏川結衣と両想いとはいえ
ある意味人生をぶち壊されたわけですから、翻弄されてるって言えると思うんですが
私がもしあのドラマの理森や広務役の人間でも
やはり同じように、彼女に夢中になったと思います。

それほど夏川結衣さんが美人だし
なんか、見てて胸が痛くなるほどの美しさを感じるんですよね。

で、実際の夏川結衣さんですが、たしかまだ独身なんですよね。
この女優さん、いまいくつになったんだっけ?って思い
Wikipediaを確認したくなりました。

1968年6月1日生 46歳
出典:Wikipedia

そっかぁ、やっぱそんくらいになってるよなぁ。
たしかに昔ほどの美貌は無いけど、それでもめちゃめちゃタイプな女優さんなんで
ほんとにガチで結婚したいって思ってしまいます・・・。

で、結構芸能人が知らないうちに結婚してることが多いので
私も恐る恐る、『「結婚」って文字がないよな?』って思いながら
Wikipediaの経歴を見てみたわけですが、どうやらまだ独身のようですね。
なんか、とりあえず一安心しました。

チュートリアルの徳井義実と別れてからは浮いた話もない
結婚願望はあるようで、仕事より恋愛を優先したいんでしょうけど、出会いもないみたいですよ
出典:http://www.excite.co.jp/さん

こんなニュース記事も発見!
あぁ、やっぱ独身だ、よかったぁ~。
いや、人が幸せになってないのを喜ぶのもどうかと思いますが
私、夏川結衣さんがもし結婚したら、結構ガチでへこむと思います。

で、このニュース記事を見て思い出したんですが
そういえば、夏川結衣さんって、チュートリアルの徳井さんと
ガチで交際してましたね・・・。

徳井さんって、夏川結衣さんみたいな綺麗な女優さんとか
超綺麗なモデルさん、一般女性とフライデーされてるのを
1回や2回じゃないくらい、私も見た記憶があるから
相当モテるって事なんだろうなって思います。

まぁ、あれだけ顔がいいし、モテるのはわかるけど
芸人でも最上級にモテモテなんだろうなっていう印象です・・・。
私に言わせれば、夏川結衣さんと一時期でも熱愛してたってだけで
羨ましいどころの騒ぎじゃないですね、はい。

夏川結衣さん本人は無理としても
私もこういう系統の女性と、結婚したいものです・・・。

ちなみに、夏川結衣さんのこともすんごく好きですが
究極を言うと、理想は町村かほり(青い鳥の夏川結衣さん)です。
まぁ、彼女は現実には存在すらしない人間なわけですが
こういう、美形で、魅力にあふれてて、どこか不幸そうで、寂しそうな女性って
もろタイプです・・・。

Sponsored Link

今、体型は戻ったと思うけど首回りが気になる

私の中での「夏川結衣さんの美しさの全盛期」は、完全に「青い鳥」の頃です。

いや、もちろん今も綺麗だとは思うけど、なんせ20代の時の美しさが異常ですから。
今も美人は美人だけど、年齢も感じるわけです。
まぁ、あんまり言葉は良くないけど、「劣化」とも言えると思います。
ただ、元が超絶美人なので、「劣化」しても十分美人なわけですが。

私が夏川結衣さんの顔を見てて、特に気になるパーツがありまして
それは・・・なんですよね。

夏川結衣

http://xn--b9j4dwa4hua6lxa4b9967e865c.net/さん

この女優さん、体型が首に現れやすい体質だと思うんですよ。
これは、「結婚できない男」の時の画像なんですが
「あの、青い鳥の華奢な体型のかほりはどこへ行ったの?」ってくらい
首の太さに差があると思います。

もちろん、別に「デブ」ってわけでは全然ないけど
確かに一時期割と太りましたからね、この女優さんも。

私は女性の体型的には、割とぽっちゃりしてる方が好きなのですが
夏川結衣さんに限って言うと、「青い鳥」の華奢な体型
細い首の方が断然好きです。

とはいえ、「結婚できない男」も、夏川結衣さん目当てで見てたなぁ。
もちろん、「青い鳥」のような、ため息の出るような美しさや
見てて胸が苦しくなるような魅力は感じないけど
あのドラマ、ストーリー的に普通に面白いですからね。

「阿部寛さんのドラマって、なんで面白いのばっかなんだろ?」
って感じがするけど、その「面白いのばっか」の
最たる例の作品だと思います。

そっかぁ、夏川結衣さんも46歳なのかぁ。
さっき、「結婚したらショック」みたいなことを言ったけど
やっぱ好きな女優さんには、幸せになって欲しいものです。

まだまだ美人ではあると思いますが
体型の変化とか、首や頬の肉付きに、やや年齢は感じるのも事実なので
いい人が見つかるといいなって思いました。
まぁ、夏川結衣さんと釣りあうような男性が
そもそもこの日本に、そんなにいないでしょうが。

あと、最後に少し補足があります。

「青い鳥」を何度も見てて、ネット上でのみんなの感想とかも見てたんですが
その中で「青い鳥 完結編」なるものが存在することを知りました。

私は全11話で完結だとすっかり思ってたものだったので
「これは何が何でも見なければ・・・」って感じで
動画を販売してるサイト(DMM)で、早速購入したのですが
見てみて内容にがっかり・・・。

「全11話を2時間程度に凝縮したハイライトシーン集」
+「未来の理森、詩織、その娘のエピソードが計5分程度」
っていう、本編を見た人には、まったく新しい要素の無い作品でした・・・。

しかも、その5分程度の追加エピソードも
未来の理森(豊川悦司さん)、詩織(山田麻衣子さん)、その娘(鈴木杏さん)の
3人のみの出演で、一番の楽しみであった夏川結衣さんの姿を
1秒たりとも見れなかったっていう始末・・・。

まぁ、購入前にしっかりと内容を確認しなかった私もいけないんですが
1000円(作品自体は432円だけど、DMMの最低入金額が1000円)を
どぶに捨てたようなものだなって気がして、結構げんなりしました・・・。

もしこのブログを読んでる方で、「青い鳥の完結編」の購入を考えてる方がいたら
ぜひ考えた方がいいです!

では、今日も私は、一番好きな「青い鳥の夏川結衣さん」を見て
ため息をつくことにします。
あぁ、今回の「夏川結衣さん熱」はいつまで続くんだろ・・・。

Sponsored Link


べ・・・べつに、これも読んで欲しいだなんて思ってないんだからね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ