西田敏行の怖い悪役演技は目の演技力あるし上手な名優だと思う

「アウトレイジ ビヨンド」をとうとう見ました!
映画が公開された当時は、見に行きたいとは思っていたものの
結局行けなかったっていう経緯もあり、とても見たかった作品ではあるので
とりあえず見ることができ、満足しました。

個人的な感想としては、若干あっけない気もし
前作の方が面白かったかなって感じはありますが
それでも十分見応えはある作品だなって思いました。

やっぱ、ああいう怖い人ばっか出てくる作品は
迫力があっていいと思います。

鑑賞ついでに、メイキング動画も拝見してみましたが
やっぱ映画の雰囲気に合わせて、けっこう思い空気なんだなって思いました。
動画→http://youtu.be/GnZj83XZnEE
まぁ、たしかにこんな内容で、撮影の合間合間に笑いが溢れるような雰囲気だったら
逆にそっちの方がびっくりではあると思いますが・・・。

みんな貫禄があるし、演技も「すげー」って思いながら見てはいましたが
一番印象的なキャストは西田敏行さんでした。

西田敏行さんって「釣りバカ日誌」のイメージが強いので

  • いつもニコニコしてる
  • 「いい人」っぽい役が多い
  • 「笑いあり」的な、コメディチックな映画が似合う
  • しかも、上島竜兵さんに似てるから、余計お笑い的なイメージがある

って印象が強かったのですが
こういう悪役演技を見て、やっぱり色んな役を素晴らしく演じることができるし
すごい俳優さんだなって思いました。

何が怖いって・・・西田敏行の目が怖い

西田敏行

出典:http://www.fknews-2ch.net/さん

この、「西野」の役、怖すぎます・・・。
特に目が怖いなって思いました。

他の多くの映画やドラマのように、「いい人」の役を演じてる西田敏行さんとは
目つきが違うよなって思いました。
っていうか、同一人物は同一人物だけど
「釣りバカ日誌」のハマちゃんとは、完全に別人って言ってもいいと思います。

こういう据わった目というか、無気力な目で
いかにも「自分はどす黒い人間」みたいなアピールができるって、凄いことだと思います。
実際、西田敏行さんって、どす黒い人間ではないと思うので。

でも、「アウトレイジ ビヨンド」に限った話ではなく、どこか「深い演技」というか
「影のある男」みたいな雰囲気を感じさせる部分はあると思います。

考えてみれば、「白い巨塔」とかでも悪役演じてるし
今回の、「西野役」とは、また雰囲気が違うけど
それぞれの作品で、求められてる演技が全然違うのに
それら各々が、不思議と「はまり役」に見えてくるから、すごいよなって思います。

今の俳優って、若手でも子役でも、お笑い出身でも
ほんとに演技力のある人が多いなって思うんですが
「作品ごとに異なった個性、役柄を演じる」って事に関しては
西田敏行さんクラスの俳優さんって、なかなかいないんじゃないかなって思ってます。

「可愛いだけじゃ売れない時代」とか「顔がイケメンなだけじゃ売れない時代」
とかいう話をよく聞くし、特に俳優の場合は、演技をしなきゃいけないわけだから
当然顔がいいだけで売れるってことはないと思います。

でも、「顔がいいと、売れやすい」ってのも、否定できないと思うんですよね。
結局、その俳優を好きになる人が多ければ多いほど、売れるわけだし
じゃあ、私たちが俳優を好きになるきっかけって何か?って言ったら

  • 演技
  • ルックス
  • 雰囲気、人柄

大きくこの3つくらいしかないわけですから。

だから、結局何が言いたいかっていうと

  • 顔だけで売れることはない

この事実には賛同するし、共感もするけど

  • 顔が良ければ、俳優として売れやすくなる

これも事実だと思います。

俳優として見られる部分の、演技力のハードルが下がるというか
若干イージーモードになるような感じというか。

で、西田敏行さんの顔はいいかって言うと・・・
失礼ながら、そこまで良くはないと思います。

私の中では、上島竜兵さん似っていうイメージが強いし
好きだとかっこよく見えるってのはありますが
この顔を初見で、「男前」って思う人は、あんまりいないと思います。

少なくとも、同世代の松田優作さん、舘ひろしさんなんかと比べると
顔では劣ってると思うので、その分演技で勝負してきた人なんだろうなって思いました。

最近、「花子とアン」の山田望叶さんや、山崎竜太郎さんの演技を見て
「最近の子役の演技は、大人顔負けだよな」って思ったものですが
やっぱり、実力派のベテラン俳優は違うなって思います。

「西田敏行さん級の俳優」というか、「西田敏行さん並にベテランで演技が上手い人」
ってのは、もちろんいると思います。

岸部一徳さんとかもそうでしょうね。
この2人、甲乙つけがたいというか、2人とも恐ろしく演技が上手いとは思うけど
それぞれ独特過ぎるので、「どっちが演技うまい」みたいな感じでは
比較できないなって思いました。

だから、「西田敏行さんの代わりが務まる俳優」ってことで考えると
まずいないって言っていいと思います。
そのくらい独特な個性で、役柄を確立してるってことだと思います。

やっぱ、キャリア40年とか50年のベテランになってくると
その辺の「演技の上手い役者」とは、ひと味もふた味も違うって気がするし
「そりゃ西田敏行さん、名優って言われるわなぁ」って思いました。

Sponsored Link

そういえば・・・西田敏行と娘が昔CMで共演してた記憶が・・・

私が小さい頃に、西田敏行さんの小さい娘と一緒に
CMに出てるのを思い出しました。

大昔だから何のCMだか忘れたけど
「2人で虹の上で叫んでる」みたいなシーンが印象的だったから
今でも様子だけははっきり覚えてます。

望み薄ではあるけど、そのCMの動画がネット上に存在すれば
見てみたいなって思いました。

で、探してみたところ、なんとあるではないですか!(笑)
動画→http://youtu.be/ZmoL4s9BgZo

あぁ、「ネオソフト」かぁ。
なんとなく、「コーンフレークの系統のCMだったかな?」とかって
うっすら思ってはいたんですが
「言われてみれば、確かに」って感じでした。

虹の上で叫んでるってより、ジョーロで水やってたんですね・・・。
大昔の事だし、当時は私もCMなんて、ほとんど意味わからないし
大雑把にしか捉えられなかったから、わかってませんでした。

それにしても、「いかにも昭和」、「いかにも80年代」って感じのCMだなって思いました。
あの、キラキラした虹をバックにした映像も
当時としては最先端だったんだろうなって思います。

娘さんは、見た目的に当時8歳くらいかなって思いました。
動画の説明には

1986年
出典:https://www.youtube.comさん

との記述があったので、84年生まれの私よりは
5歳くらい年上なんだろうなって思いました。
まぁ、今は35歳ちょっとって所でしょう、きっと。

そもそも、西田敏行さんが、私の親より歳が上のはずなので
娘さんの方が年上ってのは、普通に想定してましたが。

西田敏行さんが出演してる作品って、数が多すぎるから
当然全部チェックしたことはないけど
一度、昔の作品で見たことがないものから順番に
「西田敏行さんの歴史」をたどる意味で
その演技を観察してみても面白いかなって思いました。

まぁ、全部見るって言ったら、それだけで膨大な時間がかかるだろうから
いくら、西田敏行好きの私でも、そこまではしないでしょうが。

少なくとも、作品を何度も見て、研究する価値は全然ある
名優だよなって思います。

Sponsored Link


べ・・・べつに、これも読んで欲しいだなんて思ってないんだからね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ