ブルーボトルコーヒーの日本進出はいつで販売店舗の価格はいくら?

今日、ブルーボトルコーヒーが、とうとう日本上陸ってニュースを見ました!

  • すんげぇ楽しみ!
  • まじか・・・スタバの立場もいよいよ危ういか!?
  • いつから?
  • 私に住んでるところから、飛行機に乗らずに行ける場所に店舗ができてくんないかなぁ
  • でもどうせ、東京、名古屋、大阪からなんだろうなぁ・・・
  • きっと開店日には、長蛇の列どころじゃない行列になって、ニュースになるんだろうなぁ

なんて思いました。

Sponsored Link

まさか、北海道なんて言う、こんな辺境の地に
いきなりブルーボトルコーヒーの店舗ができるとは思いませんが
それでも何年か後には
マックとモスやすき屋と吉野家が並ぶように
ブルーボトルコーヒーとスタバや、ブルーボトルコーヒーとドトールが
ライバル店や競合店になってるのかなって思うと楽しみです。

ドトールやスタバとしては、たまったもんじゃないでしょうが
我々消費者にとっては、彼らが消費者を集客するために
業界での生き残りをかけて、味や品質、サービスなどの向上を図ろうとしてくれるのは
有り難いことだと思います。

まぁ真っ先に気になったのが
「いつ」、「どこで」オープンするのかってことです。
なんかすごいわくわくしてきたので、ニュースサイトとか見て、探りを入れてみました。

いつ、どこでオープン予定なの?

2014年中に清澄白河(江東区平野1-4-8)で
ロースターとバーの併設店舗としてオープン予定
出典:http://goodcoffee.me/さん

おぉ、今年中ですか!
思ってたより早いというか、見た感じ、もう土地の購入も住んでるっぽいって感じで
あとはオープン準備をするだけなのかなって気がしました。

でもやっぱりいきなり何店舗も出したりってことはしないんですね。
北海道でブルーボトルコーヒーがオープンするのは
「東京で成功→大阪、名古屋で成功」っていう過程を経た後の
来年再来年くらいになるのかなぁ・・・。

まぁ、アメリカの人気のコーヒー店とは言えど、日本で成功する保証はないわけなので
「まずは人口密度の多い首都圏で1店舗展開してみる」ってのは当然に思えますが
アメリカでは「ブルーボトルコーヒーじゃないとダメだ!」
みたいな人も出てきてるみたいだから
日本でもきっと成功するだろうなって思いました。

でもこれ、コーヒー好きとしてはたまらないだろうし
これだけ注目を集めてる企業が、日本にも進出してくるわけだから
株を買ったりする人も多そうだなって思いました。

オープン日が具体的にわかっても、さすがに飛行機に乗って長蛇の列を並ぶまでして
飲みに行きたいとは思いませんが、前から「1回飲んでみたいよなぁ」って
思ってたコーヒーではあるので、早く全国展開してほしいって思います。

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気なの?

ブルーボトルコーヒーが、アメリカで人気のコーヒー店だってことは知ってるんですが
「人気の秘訣」的なものって何なのか気になりました。

当たり前だけど、ただ出店して、人気になるわけがありません。
コーヒーを楽しみたい人は
味や香り、雰囲気にうるさいと思うので
この辺の要素で、消費者が「ブルーボトルコーヒーに行きたくなる理由」が
きっとあるに違いないと思い、調べてみました。

そして、「これは人気が出るだろうな」っていう強烈な要素を見つけました。

自家焙煎したブレンドされてない豆を48時間以内に使い切り
ハンドドリップで1杯1杯丁寧に淹れる
http://www.xn--qckyd1cv92sy7i.net/さん

これはなかなかすごいと思います。

ファーストフード的なスタバに相対して喫茶店的なコーヒーを出すって感じがしました。

もちろん「1杯1杯丁寧に入れ過ぎて、1杯あたり作るためにかかる時間が増える」
などのデメリットもあると思いますが
きっと味に違いが出てくるものなんだろうなって思いました。

「違いのわかるコーヒー通」というか「味にうるさいコーヒー好き」にとっては
こんなありがたいことはないんじゃないかって思いました。

いやぁ、こんなの見てたら、私もぜひ「ブルーボトルコーヒー」を飲んでみたくなりました。
他のコーヒーとの違いがどれだけ感じられるのか楽しみです。
来年、いや再来年でもいいから
北海道にもブルーボトルコーヒーの店舗ができて欲しいなって思いました。

お客さんに「自分なりの最高の1杯」を楽しませることにフォーカスしているような
印象を受けました。

今回の「ブルーボトルコーヒーの日本進出」のニュースを見てて
「コーヒー界のアップル」みたいな記述を見かけたんですが
これがどういうことなのか、詳しく説明されてる記事がなかなかなく
実はちょっとピンと来なかった部分が大きかったんですが
「自社の強みを明確に打ち出し、1点にフォーカスする」
って意味で使われてるのかなって思いました。

確かにそういう見方をすれば、アップルと相通ずるものもあるなって思いました。

Sponsored Link

アメリカでの販売価格はいくらなの?

その味が、どの程度のものかはまだ知らないけど
確かに「自家焙煎の豆で1杯1杯丁寧に淹れる」ってのは
ブルーボトルコーヒーの大きな強みであると思います。

ただ、それだと回転が良くならないし、1杯あたりの人件費もかかると思うで
「1杯いくらなの?」ってところが気になります。

500円以上してもまぁ納得って感じではありますが
できればもうちょっとリーズナブルな値段だったらありがたいなとも思うわけです。
なんてわがままな消費者なんでしょう(笑)

アメリカで販売されてる、ブルーボトルコーヒーの人気商品の価格を調べてみました。

315mlで約4ドル
http://money.jp.msn.com/さん

ブルーボトルコーヒー

出典:http://sfbitebite.com/さん

今1ドル100円ちょいってことを考えると、大体400円ってことですね。

スタバのコーヒーって大体300~400円くらいだったと思うから
それと大差ないってのは、安いなって思いました。

別にスタバがまずいとかって意味じゃなくて、ブルーボトルコーヒーが
ファーストフード的な作り方をしてないことを考えると
1杯当たりの値段が、もうちょっと高くなりそうな気がしてたので。

これは我々にとってはありがたいことだと思います。
やっぱオープン日には、確実に長蛇の列ができるパターンだと思うし
日本でも、「私はブルーボトルコーヒーのコーヒーじゃないと無理です」
って人が出てくるんじゃないかなって思いました。

Sponsored Link


べ・・・べつに、これも読んで欲しいだなんて思ってないんだからね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ